もどかしさの先に・・・。次回公演についての話です。


こんにちは!三原です!

いかがお過ごしでしょうか?


札幌ではまん延防止等充填措置が適用され、東京でも緊急事態宣言が延長される中、なかなか収まらない新型コロナウイルス感染症に、皆様も様々な思いをしていると思います。

第一線で頑張っていらっしゃる医療従事者の方々には頭が下がります。

また、仕事が少なくなったり、解雇されてしまったり、金銭的にも苦しい思いをしている人にも、「何かできないか?」と、思う事しかできず、もどかしいです。


ブログもしばらく間が空いてしまい、すみません。

色々考える毎日で、まとまらない状態でしたが、次回公演を期待して待っていただいている方々にも、私たちの現状の方向性や考えをお伝えしようと思い、今回のブログをつづらせていただきました。


結論から申し上げると、現状で、次回公演の計画は「白紙」状態です。

ご期待いただいている皆様には、大変申し訳なく思っておりますが、今の状態で公演活動をするのは少し「違うかな・・・。」と、感じるのです。

気持ちとしては「やりたい!」と、いうのはもちろんあります。

やっぱり、表現したいものがあるからです。

しかしながら、このコロナの状態では、完璧な安全で公演ができるという保証がありません。

手洗い、アルコール消毒、換気、アクリル板、体温計測・・・。

リスクを下げる方法は色々あります。

しかし、一番効果的な対策は「人同士の接触を減らすこと。」だと、情報を集めれ